Mission

私たちは、リード線加工を通して、お客様の生産性向上に貢献します。

「リード長尺くん®」(リード・ちょうじゃくん)は、お客様のご要望に合わせた長さにリード線をカットするサービスです。
両端または片側には、ストリップ加工やセミストリップ加工、よじり加工などの加工をいたします。1本から1万本といった大口注文も可能です。

サンプルをお届けします!サンプル依頼を積極的に引き受けていますので是非お試しください!サンプルをお届けします!サンプル依頼を積極的に引き受けていますので是非お試しください!

Strength

リード長尺(ちょうじゃ)くん®の強みについて

  • 01  こだわりのものづくり

    漏電ブレーカーの心臓部である電子回路を製造するペアコム株式会社の理念は「より良いものづくり」です。人様の財産や生命を正に直接守る漏電ブレーカーに不具合があってはならない、という強い思いを持って、手作業を中心に真摯に製造に取り組んでいます。

  • 02  納期はスピード対応

    予備はんだ無しの場合は基本的にご注文日の翌日に出荷いたします。本数や全長によって異なりますので、まずはお問合せください。予備はんだ加工が必要な場合はご注文後1週間前後お時間をいだたきますのでご了承ください。

  • 03  少ない本数にも対応

    1本から加工可能です。1本のご注文でもご遠慮なくご連絡ください。1,000本以上ご注文いただく場合は別途お見積りいたしますので、お電話かメールでお問合せください。

  • 04  加工方法は6パターン

    当社では「切りっぱなし」、「ストリップ(皮むぎ)」、「セミストリップ」、「よじり」、「予備はんだ」、「圧着端子」の6パターンの加工を行っています。150mmを超すような長さの皮むぎやセミストリップも対応可能。予備はんだは鉛フリーはんだのみとなっておりますのでご了承ください。

  • 05  お客様のご希望に沿った納品

    当社ではお客様のご希望を伺ってからお包みしています。「50本ずつ束にして納品してほしい」といったご希望がありましたら遠慮なくお申しつけください。

リード線加工「リード長尺くん」/リード線加工「リード長尺くん」/
リード線加工「リード長尺くん」/
リード線加工「リード長尺くん」/

線材から選ぶ

線径から選ぶ

オーダーメイドリード線

ご注文の流れ

リード線加工「リード長尺くん」/

Concept

リード長尺(ちょうじゃ)くん®を作った想いについて

「リード長尺くん®」とはサービス名称です。おとぎ話のわらしべ長者にかけて命名しました。
当社の1本のリード線がお客様に幸福をもたらすようにと願いを込めています。

リード線のカットおよびストリップは、シンプルな作業です。数本程度であれば、その場で行ってしまうのが通常でしょう。
しかし、制御盤製作などにおいては、大量のリード線を使うので、カットやストリップも大量に発生します。場合によっては、それだけで半日かかることもあります。

そのような作業を「リード長尺くん®」なら、単純作業にかかる時間(人件費)を抑えることができ、現場のスタッフさんは、より付加価の高い作業に専念できるようになります。
また、時間短縮することにも繋がりますので、スタッフさんが以前よりも早く帰れるようになります。
「餅は餅屋」です。リード線の加工をその道のプロに委託することで、生産性向上に貢献したいと考えています。

当社では短いものでは51mmから、1000mmを越すような長さ(=長尺もの)でもご注文をお引き受けいたします。
さらに、最低1本から製作可能で、1万本、2万本といった大口注文も可能です。
福山市内であれば最短で注文翌日にお届けいたします(自社便)。その他地域へは、注文翌日に出荷いたします。
柔軟かつスピーディーに、お客様のものづくりをサポートいたします。リード線の加工なら「リード長尺くん®」をぜひご検討ください。